「自転車」カテゴリーアーカイブ

「アスチュート サドル・SKYLITE VT」使用レビュー!

こんにちは。
Mcqueenです!

当ブログにアスチュートのサドルについて検索して見に来てくれる方が多い為、今回は現在私が使用しているサドル
「アスチュート SKYLITE VT(iProff)」の使用感を記事にしたいと思います。

1.アスチュートというメーカーについて
2013年設立のイタリアのメーカーです。
イタリアンメイドの品質、デザイン、技術、コンフォート性能において、当ブランドの製品を世界市場でのベンチマークとする事を目標としているようです。

2.サドルの特徴
何といってもコンフォート性能の高さです。後ほど使用感を書きますが、非常に快適です。
作りも丁寧で美しく、高品質と快適性を兼ね備えた高性能サドルと言えるでしょう。

3.構造について
このサドルの構造はとてもユニークで、特許となっている「ダブル・ベース構造」を採用し、薄く軽量なベースを2つ重ねる事で軽量性と高い強度を実現しています。

4.使用レビュー
(1)外観について
サドル表面の質感・感触ともに良く、デザインも曲線が多用されており美しいです。
製品としての完成度は非常に高いと言って良いでしょう。

astvte_skylite_iproff1

astvte_skylite_iproff2

①サドル表面
サドル表面の仕上がり。ブランドロゴの縫い付けや国旗をモチーフにしたプリントも綺麗に仕上がっています。
写真では見にくいですが国旗モチーフのプリント上部にASTVEのブランドロゴも入っており、オーナーの所有満足度をくすぐってくれます。

astvte_skylite_iproff3

astvte_skylite_iproff4

②サドル裏面
裏面についても妥協は無く、ソフトタッチナイロンベースの仕上げは非常に滑らか。
サドル表皮を裏側のベースに折り込んでいるため、端部は接着によるシワなども無く美しい作りになっています。

astvte_skylite_iproff5

astvte_skylite_iproff6

ベースとレールの間に溶接のビードの様な盛り上がりが見えますが、これもテクノロジーの一つで「SPAS( ショック・パッド・アブソーバー・システム)」というショック吸収パッドになっています。

(2)使用感について
自転車の機材については絶対評価は難しく、どうしても相対評価になってしまいます。
このサドルの感想についても以前使っていたフィジークとの違いが根本にあるかも知れません。

で、感想ですが、
とにかく快適です。サドル本体が非常にしなやかな為、身体の動きと自転車からの衝撃をサドル本体がしなる事で吸収してくれている様に感じます。
これは恐らくダブル・ベース構造の恩恵ではないかと。

サドルを上から押してみると、パッドだけに頼らず、サドル本体がしなって力を吸収している事が判ります。
サドルのしなり動画⑴

このしなりの恩恵は特にペダリング動作の時に感じる事が出来るでしょう。
大腿部の上下運動から生じる左右の骨盤の動きを非常に良く吸収し、お尻とサドルがクリートで固定されているのでは?と思う位の安定感を感じます。

サドルのしなり動画⑵ ※別角度

ペダルをブン回している時にお尻がズレて違和感を感じる。とか、走ってる時のサドルの存在感がハンパない。と思っている方はアスチュートのサドルを試してみてはいかがでしょうか?
このサドルはライダーとケンカをしません。
とてもしなやかにこちらの動きに対応してくれると思います。

以上。
ではまた~

私の使っているサドルはこれです↓「ASTVTE SKYLITE VT(iProff)」
(オススメ!)

ほかのアスチュートサドルの検索結果はこちら↓

外部LINK:アスチュート公式 TECHNOLOGYページ(Vittoria Japan)

相模原周辺おすすめコース「半原越」

こんにちは。
Mcqueenです!

今回は相模原周辺おすすめコース「半原越(はんばらごえ)」のご紹介です。

半原越の概要
・場所について
「神奈川県愛甲郡愛川町半原」~「同郡清川村煤ヶ谷(すすがや)」間を通る峠で、山頂の標高は約480mとなっています。

・コースについて
愛川町側:全長約3.5km 獲得標高約230m
平均勾配6.5% 最大勾配15%

清川村側:全長約4.5km 獲得標高約320m
平均勾配7.1% 最大勾配13%

では早速レポートします。
毎回愛川町からアクセスしているので、道中のトピックも交えてご紹介します。

まずは相模原市民の間では有名な「高田橋」を目指します。

高田橋から県道54号を愛川町方面に向かい、田代運動公園を過ぎると中津川を渡る「馬渡橋」が現れます。

馬渡橋を渡った直後に「馬渡大坂」へ入るT字路が出てくるので、ここを左折。
写真だと入口からかなり急な坂である事が読み取れるが、臆せず突っ込む。
期待通りの急坂が約500m(平均勾配10%)続く。
イキナリここで脚を試されるが、交通量は少ないのでじっくり登ろう!
image
image
「馬渡大坂(まわたりおおさか)」
・走行距離:約500m
・始点標高:約100m
・終点標高:約155m
・平均勾配:約10%

「馬渡大坂」Googleストリートビュー

額に汗をかきながら馬渡大坂を超えると国道412号線・信号機付きの交差点に到達。
しかし!ここで安心してはいけない。
この交差点を直進するのだが、交差点を渡る前から坂になっているのが分かる。
「あれを登るのか・・・」と戦意喪失している暇も無く信号が青に変わりスタート。
image
実はこの「名もなき坂」が半原越への道中最大のトピックと言っても差し支えないだろう。
どれ位かと言うと、
途中で嫌になるくらいキツいのだ!※個人差があります。
何が嫌かって「勾配きつい」「真っすぐ」「日陰がない」の3拍子揃っているところ。
これもクリアしないと半原越に辿り着けないので、ジリジリと進む。

「名もなき坂」
・走行距離:約800m
・始点標高:約155m
・終点標高:約230m
・平均勾配:約9.3%

「名もなき坂」Googleストリートビュー

脚を試されるどころか消耗しながらこの坂をゼイゼイと進むと、橋を渡った先に信号機の無い交差点が見えてきます。
ここを左折。
非常に分かりづらいのと、反骨心の強い人は気付かずに坂をグイグイと登って通り過ぎてしまうので注意!
image

ここを左折後、100m位進む間に2箇所ほど分かれ道があるので、両方とも左へ。
すると半原越の入口に到着。急に山奥な雰囲気に包まれる。
image
以前は丁寧に「←半原越3.6km」という看板があったのだが、今は見当たらない。
ここからようやく半原越のスタート!
とは言っても愛川側の前半はほぼフラットと言っても良い位のアップダウンで2km近く進む。
「なんだ、道中に比べれば全然余裕だな!」
と思わせてくれますが、路面状況はかなり悪いのでゆっくり進みたい。
大きな石が転がっていたり、路面に苔が生えていたりと秘境感が満載である。
image

森の中特有の雰囲気に包まれながら進んでいくと、炭焼き小屋?なんだかよく分かりませんが出てきます。
image
力士の像が置いてあったりして謎の施設だが、そそくさと前を通り過ぎる。
さらに進むと一般車両通行禁止の看板が出てきます。
ここからが半原越の本番と言っていいでしょう。
image
この「看板」から半原越山頂まで
・走行距離:約1.6km
・始点標高:約320m
・終点標高:約480m
・平均勾配:約10%

まず路面がコンクリートに変わり斜度が急激に上がる。

image
道が右上に向かって切れ上がっている

こんな感じでグワァ~っと登っている。勾配は15%位。
image

このコンクリート区間は常に勾配15%を維持し、約200m続く。
ハンドルにしがみついて必死に進む。
ガチな感じの人達もグイグイ登って行く。
image

気が遠くなるような200mを耐え、コンクリート区間をクリアしてもまだ山頂ではないのだ。
残りの1.4kmも休みなく登り坂が続く。その間勾配は8~10%を行ったり来たり。
ただ前方を見据えてひたすらにペダルをこぎ進める。※イッテQの一点見つめに近い(笑)

山頂までの目安として、「県立厚木高校の同窓林」を過ぎ、「木柵のガードレール」が出てくれば山頂近しである。
そして車止めの鉄柱まで辿り着けば山頂!
なのだがそこには感動は無い・・・
森の中の山頂の為、絶景が無いのである。
寧ろただの道と行っても過言ではない。自販機もトイレも無いのだ。

View this post on Instagram

Good morning✨ #半原越 #cycling #focusbikes

A post shared by mkt_mcqueen (@mkt_mcqueen) on

ただ、今の時期は苔が多く、写真の様に一面の苔を楽しむことが出来る。
秘境感満載である。あと苔マニアにも・・・
しかし!トレーニングには最適のコースとして強く推したい場所である!

山頂から清川村側へ降りていくと県道64号に到達し、土山峠を経て宮ケ瀬へ行くことが出来る。

※途中で少しだけ眺望が開けるが、この日は濃霧で見渡せず。

繰り返すが、半原越は目的地としてではなく、トレーニングコースの一部として通るのが良いであろう。
清川村側から登り返しても良いトレーニングになる。
清川村側は斜度変化が少なく、常に8%前後の勾配が続くので、一定のペースで登ることが出来る。
ただし、路面は悪いので注意!
image

去年は落石でこんな状態に・・・(2015年6月撮影)

hanbaragoe-rakuseki
今は復旧して通れる様になっている

以上、半原越レポートでした!

ではまた~

使用レビュー!「自転車メンテナンスグッズ5選」

こんにちは。
Mcqueenです!

今回は私が普段自転車メンテナンスに使用しているグッズを一部紹介したいと思います。

今回紹介するもの一覧
①タイヤレバー
・クリンチャータイヤの取り外しに使用
②携帯ツール
・ロードバイクのツールボックスに常備
ノギス
・自宅メンテナンスで使用
④ファイバーグリップ
・シートポストのずり落ち防止に使用
⑤トルクレンチ
・自宅メンテナンスで使用

①タイヤレバー
これはロードバイクに乗る人は誰もが一度は買った事がある物だと思います。
ここでは私が使っている物を紹介します。
「パナレーサー PTL タイヤレバー3本セット」です。
IMG_2418

IMG_2419
これはレバーの角度、長さ、全てがちょうど良く、今まで使ったタイヤレバーの中で最も使い易いと感じました!
特にツメの角度が秀逸で、タイヤをめくった後にレバーをスポークに引っ掛け易いため、以前使っていたシュワルベのタイヤレバーと比べると作業がとても楽になりました!

 

②携帯ツール
これも必需品の一つですよね!?
皆さんも走りに行く時は持っていってると思います。
私が使っているのはこれです。
「TOPEAK(トピーク) ミニ 9 プロ」
IMG_2421

IMG_2422
これはお店にあった中で価格と造りのバランスが一番良いと思ったものを購入しました。
ポイントは次の3点です。
・本体の大きさがちょうど良く、力を入れやすい。
・それぞれのレバーがしっかり付いており、知らないうちに本体からレバーが飛び出す事が無い。
・頼りない感じだが、タイヤレバーが収納されている。(非常用として考えておくと良いかも)

 

③ノギス
これは主にネット通販でパーツを買う際に、サイズを測るのに使用しています。
ハンドルやシートポストの径を測る時は、とても役に立ちました!
滅多に使う物では無い為、安物で十分かなという事でこれを使っています。
「Bigman デジタルノギス BM-803」
thumb_IMG_2328_1024
多少造りが安っぽいですが、デジタルで表示が見易いのがポイントです。
何回か使っていると数値がズレる為、毎回ゼロ点で黄色いボタンを押してキャリブレーションすれば確実に測定できます。
必需品では無いですが、あればとても便利で重宝しています。

 

④ファイバーグリップ
カーボン製品のスリップ防止用グリスです。
これは細かい砂利の様な粒子のグリスになっており、カーボン製品をクランプする際に滑り止めとして塗布します。
具体的にはカーボンシートポストを付ける時などでしょうか。
しばらく乗っているとシートポストが下がってきてしまう・・・という方はこれを使ってみて下さい!
「FINISH LINE(フィニッシュライン) ファイバーグリップ」
thumb_IMG_2322_1024

thumb_IMG_2323_1024
使い方としては、
フレームのシートポストのクランプ部分に2〜3cm程度の深さにわたって塗ればokです。
シートポスト本体には塗らないで下さいね!
シートポストをフレームに差し込んだ際に間違いなく外にはみ出ます。
thumb_IMG_2321_1024
写真のクランプ部内側で白くなっている辺りにファイバーグリップを塗っています。
欠点としては、グリスの粒子が粗いためシートポスト本体にも擦り傷が付きます。
ただ、しっかりとした固定を維持する為には仕方ないと割り切っています。

 

⑤トルクレンチ
最後にトルクレンチを紹介します。
これは自分でハンドルやシートのポジションを頻繁に変える方は持っていた方が良いのではないでしょうか。
特にカーボンフレームの方はあると安心です。
ハンドルのステムやシートポストのクランプ部に
「Max torque 6Nm」とか書いてありますよね、
あれは「最大締め付けトルクは6Nmまでですよ」
という意味です。
あまり強く締めすぎると、クランプ部にヒビが入ったりカーボン素材が破損したりする為、締め付けトルクをコントロールする必要があるんですね。
「PWT デジタル トルクレンチ PDT-120」
※今もしかしたら入手困難かもしれません(2016/6/26現在)
thumb_IMG_2346_1024
これは設定したトルクに近づくと「ピピピピ・・・」と断続音のアラームで知らせてくれ、設定トルクに達すると「ピー」と連続音になります。
締め付け不足や過剰締め付けを防ぐ為にはやはりあった方が安全ですね。
価格も1万円前後であまり高くなく、良い製品だと思います。
amazon:PWT-デジタル-トルクレンチPDT-120

以上、
私が普段使用しているメンテナンスグッズをご紹介しました!!
ではまた〜




立ちゴケして後ろのギヤチェンジがおかしくなった!?ディレイラーハンガー交換という選択肢

こんにちは。
Mcqueenです!

今回はディレイラーハンガーのお話しです。

もし運悪く立ちゴケしてしまい、更に良くない事に右側(変速機側)に倒れてしまって後ろのギヤチェンジがおかしくなってしまった事はありませんか?

そんな時はもしかしたら「ディレイラーハンガー」が曲がってしまっているかもしれません。

「何ソレ?」と思った方、安心してください。
写真を付けておきます。
黄色い線で囲ってある、変速機(ディレイラー)とフレームを繋げている部品です。

derailleur hanger

これは転倒した際に曲がる事で衝撃を吸収し、変速機(ディレイラー)とフレームを保護する部品です。
従ってディレイラーハンガーが曲がったという事は、お役目をしっかり果たしてくれた事になります。
正に体を張って他の部品を守ってくれています。

さて、こうなった場合にまずどうすれば良いかというと・・・

まず第一に自転車ショップへ持っていって修理してもらいましょう。

運が良ければ修正で治るかもしれません。
激しく曲がってしまって交換が必要になってしまった場合でもショップがディレイラーハンガーを在庫で持っているかもしれません。
運悪くそのショップに在庫が無くてもすぐに手配してくれると思います。

「どうしても自分で治したい!」
と思っている方、ここで私の経験談をお話しします。

最初に考えたのが、
「曲がったディレイラーハンガーを元に戻す」
これは諦めましょう。。。

私も散々試しましたが。。。ディレイラーハンガー、相当固いです!
しかも、どの角度が正常なのかが分かりません。

かなり頑張ってディレイラーハンガーを曲げる腕力と技術を習得しても、どの角度まで戻せば良いのか分からなければ迷宮入りです。
しばらく頑張ってその事に気づき、諦めました。

そこで購入となるのですが、
「そもそもこんな部品売ってる所を見た事がない。」
「何十社、何百種類ものフレームが世に出ている中で、自分の自転車用ディレイラーハンガーにショップで巡り合えるのか?」
という不安に駆られました。

そこでネット通販の登場である。

【ディレイラーハンガー バイク名 価格】

で検索したらamazonとwiggleでヒット!

商品に飛んでみるとamazonのは明らかに形が違うのでパス!
wiggleのは同じ形っぽい。メーカーは「Pilo Engineering」。

ン?どういう会社だ?大丈夫かな・・・
という事で会社を検索。どうやらイスラエルの会社の様子。

link:「Pilo precision machining bicycle parts」(http://pilo.co.il/)

ディレイラーハンガーのサードパーティとして割と実績がありそう。
wiggle経由で買うし、何とかなるかな・・・と思い購入しました。

結果:買って良かった。

到着に2週間ほど待ちましたが、ちゃんとフレームに合った物が届き、バッチリ治りました!
製品はこんな感じです。

pilo_derailleurhanger1

ちゃんとビスも付いてくる(想定外)

pilo_derailleurhanger2

 

私はいざという時の為に予備を一つ持つことにしました。
気になる方はこちらで調べてみてください!

wiggle:ディレイラーハンガー各種

ではまた~。

空気入れでスポークに手が当たるのが嫌な人へ。「パナレーサー BFP-02AGEZ-S」使用レビュー

こんにちは。
Mcqueenです!

今回は空気入れ(フロアポンプ)のお話しです。

ロードバイク(仏式バルブ)のタイヤへ空気を入れる時、手がスポークに当たって煩わしいと思った事はありませんか?

私はあります(笑)

フロアポンプの口金をバルブにセットする時に、手の甲がスポークに当たって痛い時があるんですよね・・・

IMG_2193
こんな感じで手の甲が当たる・・・

何か良い物は無いかと探していたら。。。
ありました!口金をレバーでセットしないタイプのフロアポンプが!
その名も「パナレーサー BFP-02AGEZ-S」

ちょうど今使っているフロアポンプの口金のパッキンがヘタっていて、空気を入れている最中に外れたりしていたので思い切って買い換えました。

って事で使用感のレビューです。
大きな特徴は2点。手短にこの2点だけお伝えします。

特徴
①口金がバルブに差し込むだけで簡単にセットできる。
②エアーリリースボタンで口金を外さずに空気を抜く事ができる。

では順に紹介していきます。

①口金がバルブに差し込むだけで簡単にセットできる。

最大の特徴であり、アドバンテージのあるポイントです。
今まで使っていたのは口金をバルブに押し当てながらレバーを回してセットしていましたが、これはそのままバルブに差し込むだけ。
とてもカンタン!手も痛くない(笑)

本製品の口金には2つのバルブがあり、次のようになっています。
青=仏式
赤=米式

今回のタイヤのバルブは仏式なので、青いバルブを差し込みます。
※入れ方、外し方は動画参照(11秒)

カンタンですよね!?
私は一発で気に入ってしまいました。

次の特徴は

②エアーリリースボタンで口金を外さずに空気を抜く事ができる。

これは今まで私が使っていたフロアポンプに無い機能でした。

写真のメーター下部の赤いボタンがそれなのですが、空気を入れすぎてしまった場合に、口金をいちいち外さずにこのボタンを押すだけで空気を抜く事ができるんです!

IMG_2362
写真中央下あたりの赤いボタンがそれである

しかもメーターを見ながら正確な空気圧に合わせる事が出来るという、自転車用の空気入れとしては何と贅沢な機能であろうか。
この辺の気配りはさすが日本企業といったところ!

ママチャリには使えないのか?と思った方。
大丈夫!ちゃんと英式用のクリップも付いてきます。

IMG_2365
クリップを使わない時はホースに挟んでおける

最後に全体像を載せておきます。

IMG_2364IMG_2363

いかがでしたか!?

これは私もお気に入りの良い製品です!是非使ってみてください!
 
ではまた〜

製品HP:Panaracer 02ワンタッチポンプ